安全への取り組み

安全であること、それが全てに優先します


安全への取り組みについて


当社は、「安全を基本とし、変化に迅速に対応できる総合設備企業」という将来ビジョンを掲げ、 企業活動を行い、鉄道の安全運行を支える鉄道電気設備、快適な生活を支える建築電気設備など幅広い分野の設計・施工及びメンテナンスによって、お客様から高い技術力であるとの評価を頂いています。
今後も「安全は全ての基本」を実現するため、社員一人ひとりが安全意識を高め、事故の撲滅をめざし、さらなる安全風土の醸成に努めてまいります。




【安全取組み】


1. 毎月1回「安全会議」を開催し、事故情報、ヒヤリハット情報、指導文書などの各種情報をもとに、同種事故の防止及び安全に係る事柄など、参加者全員が情報を共有し安全意識の向上及び事故防止に積極的に取り組んでいます。

2. 工事施工サイクルの充実に向けて、工事受注件名毎に「施行会議」を開催し、工事施工に携わる当社社員及び協力会社社員により、受注した工事に対して施行上のリスク(危険性、有害性)を洗い出し、賜与する工器具類に関する事柄、事故防止に関する事柄、安全に作業を進める方法などを検討し、労働災害、輸送障害などの防止に取り組んでいます。

3. 毎年年度初に、社員及び協力社員を対象に安全意識の向上、安全作業、各職(指揮者・責任者・見張員等)の役割及び責務について、「安全教育」を実施し事故防止に取り組んでいます。

4. 事故が発生した場合、緊急の事故防止会議を開催し問題点や原因などを徹底的に洗い出し再発防止策を決定しています。決定した再発防止策については、社員及び協力会社社員に周知徹底するとともに、決定した対策は確実に実行する取り組みを推進することで、繰り返し事故の再発防止に取り組んでおります。

5. 現場作業において、絶対にやってはならないこと、絶対やらなければならないことを、「KDS安全行動規範」として作成し、朝礼、各種会議、作業現場などで唱和し事故防止に活用しています。

6. 現場においては毎年、高所作業、配線作業、列車見張、検電設置等の「基本動作実技訓練」を実施し、安全作業の基本動作を身体で覚えることで事故防止に取り組んでいます。
7. 工事施工にあたって、自らの役割をしっかり認識し、一人ひとりが決められたルールを確実に順守し、労働災害、輸送障害、設備障害等の事故防止に取り組んでいます。

8. 昨年度「直轄工事支援プロジェクト」を発足させ、直轄工事を通して指揮官や責任者の施行計画能力及び指揮統制能力のレベルアップ、若手社員の安全施工技術の習得及び工事施工サイクルを会得させるため、積極的に直轄工事を実施し、目前に迫った世代交代に備えた人材育成を着実に推進しています。

9. 協力会社との信頼関係を強化するとともに、安全施工技術のレベルアップにより下請負責任を確実に履行させるために「出前の安全・技術指導」を実施し、安全作業・事故防止に取り組んでいます。

九州電気システム株式会社

■お問い合わせ お気軽にお問い合わせ下さい
  • 本店

  • 〒812-0895
  • 福岡市博多区竹下一丁目18番17号
  • 092-481-8801(代)

このページの先頭へ